HOME 年齢に負けない男になる! 実は妻に呆れられているかも?!40代で男らしさを取り戻すための秘訣

実は妻に呆れられているかも?!40代で男らしさを取り戻すための秘訣

最近、奥さんの態度がどこか冷たいと感じることはありませんか? これも、毎晩帰宅してからつい口に出てしまう「疲れた」の一言が悪いのか……と思いきや、実は原因は別のところにあるかもしれません! 今回は、40代になってなぜか妻から冷たい視線が気になるようになった男性のために、男らしさを取り戻す方法についてお伝えします。

女性の性欲について理解していない男性は意外と多い!

性欲 若い頃から連れ添ってきた奥さんと一緒に暮らしているのに、女性の生態についていまいち理解していない男性は、案外多いものです。結婚してからもう20年近く経つにもかかわらず、「あなたは女心が分かっていない!」と叱られてしまうあなたは、まだまだ女性への理解が浅いのかもしれません……。特に、40代になってからすでに夫婦がセックスレスの状態になってしまっているなら、一度2人の関係を見直してみた方がいいでしょう。

実は、女性の性欲のピークは40代だと言われています。「えっ、そんなに遅いの!」と思ったら、なるべく早いうちに奥さんと親密な関係を取り戻す努力をしましょう。もしかすると奥さんがあなたに冷たいのは、あなたが彼女に性的な満足を与えられていないせいかもしれません。お互い、子どもを育てるのに精一杯になっている時期ではありますが、夫婦は両親である以前に、男女でもあるのです。

男女の性欲のピークはすれ違う

"女性の性欲のピーク"と言われると、20代の若い頃を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、20代の前半には性欲を抑制する女性ホルモンがはたらいているため、まだピークには達していません。20代後半~30代になると、女性ホルモンは徐々に減少していきます。その結果として、性欲増強のはたらきがある男性ホルモンが優勢になり、性欲が増すのです。

ちなみに、男性の性欲のピークは10代と言われており、20代を過ぎると徐々に性欲が減退する傾向にあります。そのため、40代に入った男女では性欲に差が出てきます。「自分は年を取ってそれほど性欲を感じなくなったし、妻も同じだろう」と高を括っていると、心的にも大きなすれ違いを引き起こしかねません。男女の違いを理解した上で、奥さんを満足させられるように対策を練りましょう。

年齢に打ち勝つために医薬品を利用するのもアリ

とはいえ、40代の男性が妻に呆れられない男らしさを自然と発揮するのは、限界があります。日々の仕事での疲れやストレスもありますから、昔よりも性的に自信を無くしてしまう方も少なくありません。そんな時は、バイアグラを始めとした医薬品にサポートしてもらってもいいでしょう。

ほとんどのED症状に効果があるというED治療薬ですが、今では男性専門クリニックで手軽に処方してもらえるようになりました。「駅近」・「院内は男性スタッフのみ」・「保険適用による妻バレなし」という三拍子がそろい、世間体が気になる40代でも通いやすくなっています。値段が気になる方は、効果がほとんど変わらずに安価で手に入るバイアグラジェネリックを処方してもらってください。

年齢に打ち勝って男らしさを手に入れたいなら、医薬品を上手に利用するのもアリです。もう一度現役に戻って奥さんを喜ばせるためにも、ここで一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?