HOME 疲労をもたらすさまざまな病気 失った命の重み……ペットロス症候群と疲労の関係とは

失った命の重み……ペットロス症候群と疲労の関係とは

長年連れ添ったペットの死――。本当は深く傷ついているのに、「人間が亡くなったわけでもないのだから……」と、心の問題を軽視していませんか? 自分では自覚がなくても、人間は知らず知らずのうちに精神的なショックを受けていることがあるのです。

もしかしたらその疲労は、ペットを失ったことが原因となっているかもしれません。今回は、甘く見ていると意外と危険な「ペットロス症候群」についてお伝えします。

その疲労はペットロス症候群かも

ペットロス症候群 最愛のペットを失ったショックや悲しみによって、精神的および身体的な症状が現れる「ペットロス症候群」という病気。生き物を飼ったことのある方なら、一度くらいは名前を聞いたことのあるのではないでしょうか? ペットロス症候群にかかると、なにも関心が持てなくなったり、楽しみや喜びの感情がなくなってしまったり、いつまでも罪悪感にとらわれたり……といった精神的な症状が見られます。

それだけでなく、人によっては「疲労」や「だるさ」といった身体への症状が現れることもあります。気持ちの面では落ち込んでいる自覚がなかったとしても、ペットとの別れ以降に見られる、なかなか治らない疲労やだるさにお悩みなら、少し注意してください。

ペットロス症候群から回復するには

最愛の家族であるペットを失った悲しみは、飼い主なら誰もが避けて通れないものです。しかし、大きなショックを受けて傷ついた心も、やがて時間とともに少しずつ回復してゆきます。悲しみがなくならなかったとしても、心の傷は回復できるのです。お別れは辛いでしょうが、回復までの道のりを少しずつ歩んでいきましょう。

ペットを失った飼い主は、初めのうちは事実を受け入れられず、まず「否認」という段階に入ります。やがて事実を受け入れるようになると、今度は「絶望」の段階に陥ります。その名の通り、暗い気持ちになる辛い時期です。それから時間をかけて自分と向き合い、少しずつ事実を「受容」していきます。このようなプロセスを経て、心は回復へと向かっていくのです。逆に、「否認」や「絶望」の過程で立ち止まってしまうのは、ペットロス症候群が長引く原因となります。

症状を慢性化させないために

ペットロス症候群からの回復には、"ペットとお別れをした"という事実と向き合うのが不可欠です。事実と向き合うためには、ペットのお葬式を行ったり、遺品を整理したり、時には思い切り泣いたり、気持ちを人に打ち明けたりといった過程が必要となります。「自分は大丈夫だから」と無理に気持ちを前向きにさせて忘れようとすると、逆に心は閉ざされてしまうでしょう。

ペットロス症候群は、症状が慢性化して「うつ病」などの心の病気へと発展する可能性を持っています。そのため、辛い気持ちや身体症状に見て見ぬふりをするのは、あまりに危険です。症状を慢性化させないためにも、自分の気持ちに無理をさせないとともに、「疲労」や「だるさ」といった症状に気づけるようにしたいですね。

今回は、身体に疲労の症状をもたらす「ペットロス症候群」についてご紹介しました。最愛の家族とのお別れに際して、いつからか慢性的な疲れを感じるようになったら、自分自身に適切なケアができるといいですね。ペットとの大切な時間や悲しみを受け入れて、心の健康を守りましょう。