HOME 「心の疲労」がもたらすもの 誰にでも起こりうる!「うつ」を知ろう

誰にでも起こりうる!「うつ」を知ろう

毎年自殺者が3万人を超す日本。 そのうち40%以上がうつ病患者であることがわかっています。 うつ病にはさまざまな症状があり、よくなったり悪くなったりと波もあるものですが、最悪の転帰が自ら命を断ってしまうこと。

しかし、日本では現在も「心を病む」ことに本人も周りも過剰反応してしまいがちです。そのため治療が遅れ、悪化してしまうことは残念と言わざるを得ません。

うつ病を自覚する

うつ病 うつ病の主な症状と言えば、気分の落ち込みややる気・集中力の減退、不眠や食欲不振などがまず挙げられるでしょう。 感情表現やコントロールがうまくできなくなることもその一つ。 「楽しい」「面白い」と思えなくなったり、わけもなく泣きたくなったりと、自分でも「何かおかしい」と気づくきっかけになることが多いようです。

できればこの段階で医療機関での診察やカウンセリングを受けてほしいものですが、ほとんどの人は一時的なもの、たまたま落ち込んでいるだけと自分を納得させてしまいます。 その背後には、「心を病むなんて恥ずかしい」「自分はそんなに弱い人間ではない」といった、「認めたくない気持ち」があるから。 しかし、自分の心の悲鳴に気づかないふりをしたところで、いずれ限界はやってきます。

そうならないためにも、まずは自分が弱っている、ということを受け入れることが必要なのです。

うつ病の種類

一口に「うつ病」と言っても、その原因によっていくつかに分類されることもあります。 例えば、身体的な疾患によるうつ症状。この場合は厳密には「うつ病」とは異なりますが、かつては「身体因性うつ病」と呼ばれていたそうです。 認知症やがん、高血圧などがその主なもので、主となる疾患と併せた治療が必要になってきます。

気分や感情、意欲などにはほとんど影響がなく、身体的な症状のみが表れるものを「仮面うつ病」と言います。 正式な病名ではない上、食欲不振や不眠、頭痛や疲労感と言った他の疾患と紛らわしい症状ばかりであることから、さまざまな検査をした挙句に消去法で診断が下されることがほとんどです。 自律神経失調症や心身症とも混同されやすく、抗うつ剤の投与で効果が現れてやっと判明する、ということも珍しくないようです。

この他、うつ病に似たものとして、躁うつ症やパニック障害、慢性疲労症候群などが挙げられます。 医療機関で診察を受ければ、こうした疾患なのか「うつ病」なのかがはっきりしますので、その意味でも早めに受診する方がよいでしょう。

どこからが「うつ」なのか?

落ち込みやゆううつな気分が続いているからと言っても、即「うつ病」であるとは限りません。 逆に、「こんなことで病院に行ったら笑われるのでは?」と自分の症状を軽く見てしまうこともあるでしょう。 では、受診の目安のようなものはあるのでしょうか?

一般的には不眠や気分が晴れない状態が2週間続いたら診察してもらうべき、とされていますが、実際にはそれより早くても「辛い」と思うのであればよいでしょう。 症状が軽いか重いか、あるいはうつ病であるかという診断は医師が下すものです。また、受診するだけで不安が解消されて症状が軽快することも少なくありません。 大切なのは「自分が苦痛を感じているかどうか」。 一度、心の声にじっくりと耳を傾けてみてください。

周りが先に気づいたら

本人が症状を自覚しないまま、周囲の人が先に「おかしい」と気づくことも意外に多いようです。 集中力や注意力が散漫になっている、口数が少なくなった、表情に変化が見られなくなった…といった兆候は、男性の場合より多くの時間を過ごす職場での方がわかりやすいのでしょう。

最近では企業側もメンタルヘルス対策に力を入れ始めています。 時にはそれとなく医療機関の受診や、診療所のある企業なら健康相談を勧められることもあるかもしれません。 そうした時に素直に受け入れられるかどうかも、その人の「心の疲労度」の目安となるでしょう。

また、自分が同僚の異変に気づいた側であれば、率直に「おかしい」と指摘するのではなく、雑談を交えて話を聞くところから始めてみてください。

「うつ病」の効果的な治療法は?

うつ病は脳が疲れ果てて、著しくエネルギーが低下しているために起こると考えられています。 脳は人間の体のすべてを司る部分。そこがうまく働かないとなれば、さまざまな症状が現れてきて当然ですよね。

まず第一に休養が必要とされるのもそのためです。 ストレスの原因から離れることで、脳を休ませ、徐々に本来の状態に戻していくために不可欠なプロセスなのです。 抗うつ剤は神経伝達物質の遊離およびその受容体の不具合による神経伝達の効率低下を回復させる働きがあります。 適切なものを服用すれば、不眠や意欲の低下などに改善が見られるとされています。

うつ病は完全に回復するまでに時間を要するものです。 限界まで頑張った自分の心と体をいたわってあげる気持ちで取り組みましょう。 また、「周囲に置いて行かれる!」「早くよくならなければ!」と焦る気持ちを捨てることが治療の第一歩と言えるかもしれません。