HOME 自分でできる回復法 疲れを効率的にとる入浴法

疲れを効率的にとる入浴法

自宅で簡単にできる疲労回復といえば、やはり入浴です。温かいお湯で体の緊張やコリがほぐれると同時に、発汗によって体内の老廃物が流される効果もあります。 どうせなら漫然と入るよりも、疲労回復に効果的な入浴法をマスターしましょう。

半身浴で、ゆっくりと疲労回復!

半身浴 熱いお湯につかったほうが「疲れに効く」イメージがありますが、実際はそうではありません。熱いお湯は心臓に負担をかけるほか、交感神経を刺激して眠りを妨げてしまう可能性もあるため、特に夜間は避けたほうが無難です。

そこで誰にでもおすすめできるのが、半身浴になります。熱すぎずぬるすぎない程度のお湯に、みぞおちくらいのラインまで浸かることで、心臓に負担をかけずに長湯することが可能です。この時、肩が冷えないようにタオルなどをかけておきましょう。

また湯温が下がってきたら、熱いお湯を足すようにします。なるべく温度を維持するためにも、お風呂のフタがある場合は、首のところまで閉めておくのがおすすめです。

頭を涼しく、足を温かくすることを「頭寒足熱」といい、昔から理想的な状態といわれています。ぜひ額が汗ばんでくるまで、ゆったりと入浴を楽しんでください。

お湯と水に交互に足を入れる「足湯」

入浴よりも簡単に疲れをとれる方法として「足湯」があります。特に東洋医学の世界では、風邪をはじめ万病に効くといわれるほど効果の高い健康法です。

最近では足湯用のフットバスも売られていますが、普通のバケツやたらいでかまいません。特に疲労回復に効果的な足湯法としては「温冷交互浴」がおすすめです。これは38度以上のお湯と、冷水の入ったバケツを用意し、数十秒ずつ交互に足を入れる方法になります。大体3~5回繰り返しましょう。

ただし最初からムリはせず、耐えられるくらいの温度から始めてください。慣れるごとに水を冷たくし、温度差を広げていきます。

この温冷交互浴によって末梢血管の開きが良くなり、血行が促進されます。また疲労物質も排出されやすくなるため、疲れをとるためには非常に効果的です。 同じく全身をお湯と水風呂に交互に浸からせるという健康法もありますが、心臓への負担が大きいため、普通の人は足湯でおこなうようにしましょう。

ちなみに「お湯」で終わるか「水」で終わるかですが、まだ慣れていない人や、寒い季節におこなう場合にはお湯で、夏場や慣れている人がおこなう場合は水で終わるようにします。

入浴剤で、さらにリラックス効果をアップ

お風呂で疲れをとるためには、入浴剤にこだわってみるのもいいでしょう。 さまざまな入浴剤やバスソルトが売られていますが、疲労回復におすすめなのは「炭酸ガス」入りのものです。シュワシュワと発泡するタイプの入浴剤で、これが天然の炭酸泉と同じように血行を促進し、コリを和らげる効果があるとされています。

ちなみに入浴剤を入れてすぐよりも、完全に溶け切ってから入ったほうが炭酸ガスの濃度が高くなります。大体、入浴剤を入れてから2時間以内に入るようにしましょう。

その他、発汗作用のある入浴剤や、酵素入りのものもありますし、自分の好きな香りの入浴剤を選ぶのもお風呂が楽しくなります。ちなみに疲労回復にいい香りとしては、気分を落ち着かせて睡眠をうながす「ラベンダー」や「シトラス」、もしくは「森林系」のものがおすすめです。

お風呂が先か、食事が先か?

入浴で疲れをとるためには、入るタイミングにも気をつけてみましょう。 日本では、昔から「お風呂を先にします?それともお食事?」と奥さんが旦那さんに問いかけるシーンが見られますが、健康という視点から考えると、正解は「お風呂が先」です。

なぜなら食事を先にしてしまうと、消化のために胃に集中した血液が、入浴によって全身に散らばってしまうからです。すると胃が十分な消化活動をおこないにくくなり、消化不良につながります。体が敏感な人ほど、食後の入浴は吐き気をもよおすはずです。

一方、入浴後に食事をすれば、入浴で隅々にまで運ばれた血液がすみやかに胃に集まり、効率よく消化をおこなうことができます。ですから基本的には、「お風呂が先」と心得ましょう。どうしても食事のほうが先になってしまう場合は、最低でも1時間以上は空けるようにしてください。

「一番風呂は体に悪い」って本当?

もう1つ、入浴にまつわる話として「一番風呂」の是非があります。昔ながらの厳格なお父さんは、誰よりも先にお風呂に入ることにこだわっていたものですが、一方で「一番風呂は寿命を縮める」という説が囁かれるようになってきました。

実は、これにはいくつかの根拠があります。1つは「浴室の温度がまだ温まりきっていないから」です。お湯を張ったばかりの状態では、特に寒い冬場はまだ浴室が寒く、湯船との温度差が大きくなってしまいます。これが最悪の場合は心臓麻痺などにつながるため、特に高齢者や心臓の弱い人は要注意です。

もう1つは「皮膚への刺激」です。一番風呂は汚れがなくキレイなぶん、お湯の刺激が皮膚にダイレクトに伝わってしまい、ピリピリした感じを与えることがあります。そして肌の皮脂が奪われ、乾燥を招くことがあるのです。 これを防ぐためには、保湿効果の高い入浴剤を入れたり、お風呂上りにクリームを塗ったりするようにしましょう。