HOME 自分でできる回復法 酵素パワーで疲れにくい体を作ろう

酵素パワーで疲れにくい体を作ろう

疲れにくい体を作るためには、男性も「酵素」を意識する必要があります。近年、女性たちの間でブームとなった酵素は、生き物が生きて行く上で絶対に欠かせない「生命のキモ」のような存在なのです。

酵素がないと、せっかくの栄養も取り込めない!

酵素 人間に必要な栄養といえば、炭水化物やタンパク質、脂肪の「3大栄養素」を思い浮かべる人が多いと思います。その他、食物繊維やミネラル、ビタミンなどを挙げる人も多いでしょう。

確かにそれらの栄養素は大切なのですが、どれもこれも「酵素」があってこそ体内で栄養として働くことをご存知でしょうか。酵素がなければ、何を食べてもエネルギーには変換できませんし、そもそも呼吸や運動などの生命活動もできなくなるのです。

酵素の種類と働き~消化酵素と代謝酵素

酵素は、構造的にはタンパク質の一種です。大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があり、前者は食べ物の消化を、後者はそれをもとにした生命活動を担当しています。

食物酵素で有名なものとしては、たとえば「アミラーゼ」があります。デンプンを分解するための酵素で、これがなければデンプンを摂取しても栄養にはなりません。 同じくタンパク質の分解には「プロアテーゼ」、脂肪の分解には「リパーゼ」という酵素が活躍します。このように酵素はそれぞれ、1つの栄養素だけを専属的に分解するのです。

一方、代謝酵素は、消化酵素によってエネルギーとなった栄養素を実際に体内で働かせます。呼吸や運動のほか、免疫力、新陳代謝など、普段私たちが無意識のうちにおこなっているすべての生命活動は、代謝酵素の働きのおかげです。 このような事情から、「生命あるところに酵素あり」といわれています。

酵素が不足すると、疲れやすい体に

そんな酵素は、疲労回復にも大きな役割を果たしています。もともと酵素が豊富で、十分な生命活動が営めている体であれば、疲れがたまっても自然に自己回復するものです。 しかし酵素が不足すると、新陳代謝や免疫力が下がってしまい、うまくリカバリーできなくなってしまいます。

もともと生まれたばかりの赤ちゃんは、体内にたっぷりの酵素を持っています。しかし年齢とともにどんどん消費される上、体内で新たに作り出せる酵素の量には限界があることが分かってきました。

しかも消化酵素も代謝酵素も、大元は同じ酵素ですので、量が足りなくなると消化のほうだけで手いっぱいになってしまいます。すると代謝にまわすぶんが少なくなり、疲れやすい体になってしまうのです。

特に暴飲暴食の多い人は、消化酵素をムダ使いしているのと同じですから、そのぶん代謝酵素が少ない状態にあります。つまり飽食に慣れている先進国の人々は、総じて酵素不足だといえるでしょう。

食べ物から酵素をチャージしよう!

そこで必要となるのが、食べ物が持つ「食物酵素」です。不足した酵素は、実は食べ物からとり入れることができます。

酵素が含まれた食品としては、まず生のものです。生肉や生魚、生野菜、生のフルーツなどにはいずれも酵素が入っています。まさに「生命あるところに酵素あり」だからです。 しかし酵素は熱に弱いため、加熱調理をしてしまうと簡単に壊れてしまいます。ですから生で食べることが大切です。

「生ものは苦手…」という人も安心してください。酵素は、発酵食品にも含まれています。特に日本は、おみそや醤油、納豆、ぬかなどの発酵食品が昔から豊富な国ですので、シンプルな和食を心がけるだけでもある程度の酵素を摂取できるでしょう。 ちなみに最近ブームとなった「塩こうじ」も、発酵食品の1つです。

その他、キムチやヨーグルト、チーズなども発酵食品になりますし、忙しくて発酵食品をなかなかとれない人には「酵素ドリンク」というものも販売されています。果物や野菜などの酵素を凝縮して作られたドリンクで、昔は味にクセがあることで知られていたのですが、最近では非常に飲みやすいものも増えています。 最近お疲れ気味の男性は、ぜひ食べ物から酵素をチャージするようにしてみてください。